北海道エスペラント連盟規約

REGULARO DE HEL


北海道エスペラント連盟規約

第1条(名称) この連盟は、北海道エスペラント連盟(Hokkajdo Esperanto-Ligo ないし Hokkajda Esperanto-Ligo)と称し、事務局を北海道内におく。

第2条(組織) この連盟は、原則として北海道在住のエスペランティストの中の希望者(個人会員)および地方会各団体(団体会員)で組織する。

第3条(目的) この連盟は、北海道におけるエスペラントの宣伝と実用をはかり、民主的文化の 向上に寄与し、世界的な交流をはかることを目的とする。

第4条(事業) この連盟は、目的達成のため、次の事業を行う。

A.機関誌、印刷物の発行
B.講習会、展示会、合宿などの開催
C.国内外のエスペラント団体との共働
D.エスペラント以外の諸文化団体との提携
E.その他

第5条(大会) この連盟は、年1回、北海道エスペラント大会(Hokkajda Kongreso de ESPERANTO)を開催する。

第6条(委員会) この連盟に、次の委員よりなる委員会をおき、連盟の事業を立案実行する。

A.委員長1名、副委員長1名、事務局長1名、会計委員1名、および各構成団体、個人会員の中より選出される委員
B.委員長は、この連盟を代表し、委員会を開く。副委員長は委員長を補佐し、委員長に支障ある場合は委員長の任務を代行する。
C.各委員の任期は、定期大会から次の定期大会までとする。

第7条(顧問) この連盟に顧問若干名をおく。顧問は委員会で推薦する。

第8条(財政) この連盟の会費(年額)は、会員3千円、青年会員(26歳未満)1千5百円、家族会費1千円、購読会費2千円とする。会計年度は暦年とする。

第9条(会計監査) この連盟に会計監査を2名おき、会計監査を行い、大会で報告する。

第10条(規約改正) この規約は、大会の決議がなければ、変更することができない。

[ 付則 ]

制 定 1946年09月22日

第1回改正 1948年11月03日
第2回改正 1954年09月23日
第3回改正 1956年09月23日
第4回改正 1962年08月03日
第5回改正 1964年06月07日
第6回改正 1966年07月10日
第7回改正 1972年07月09日
第8回改正 1974年07年28日
第9回改正 1986年09月07日
第10回改正 1989年10月01日(第6条改正)
第11回改正 1995年09月30日(第5条:大会名称、第8条:会費、改正)

第8条の執行について、次を付記する。
95年12月31日迄に支払われる会費は、従来通り2,000円で受け付けるが、2,000円で支払うことのできる会費は、99年分までとする。

第12回改正 1998年10月18日(第6条、第8条改正)


 前に戻る